Category: 未分類

認定講師を目指せるネイルスクールに通うメリットとは?

2016年11月25日

女性の爪を美しく飾るネイリスト。
近頃では深夜や早朝、24時間オープンといったサロンも増加し、ネイリストに対する需要はますます高まっています。
安定した資格で、また一生涯の仕事として続けられるため、ネイリストを養成したり、ネイリストの資格が取得できるネイルスクールには人気が集まり、生徒数も増えていますが、ここで少し考えてみたいのは、ネイリストとして自分がどのような道を目指すのかということです。
常にお客様と接する現場のネイリストとして仕事を続けるのは容易なことではありません。
単に高い技術があるというだけではなく、長時間の勤務に耐えることのできる体力や、新しい顧客を獲得したり、獲得した顧客をつなぎ留めるためのコミュニケ―ションなど、多くの局面でネイルのセンス以外の能力が求められることになります。
純粋にネイルが好き!自分はネイルができればそれで幸せ!もしそういったタイプ人であれば、ネイルスクールでネイルの技術を教えることのできる認定講師の資格取得について、真剣に考えてみるのもいいでしょう。
そちらのほうがネイリストとして幸せになれるかもしれません。
しかもネイルサロンの中には歩合制というところもあり、経済的に不安定なネイリストも多いというのが現状です。
ネイルスクールの講師であれば、安定的な収入を得ることが可能ですし、さらにネイルサロンでのネイリストにくらべて経済的・時間的・体力的な余裕が生まれます。
そのため、もし自分の技術をさらに追求したい!と考えた場合、技術の向上に時間を使うこともできるのです。
それだけではなく、講師として勤務していると常に最新の技術や感性に接することができるので、ネイリストとしてのテクニックを向上させるうえでも非常に役に立つということになります。
自分には人を教えることには向いていない。
そう思う人もいるかもしれません。
しかし、将来自分でネイリストとして独立・開業する場合のことを考えてみましょう。
認定行使の肩書を持っていれば、顧客からの信頼を得るという意味で大きなメリットがあります。
小さなネイルスクールの中では認定講師の資格を持っていない講師が教えているスクールもありますし、資格を持っていなくても大きな大会で優勝したり優れた技術を持っているネイリストの中には、講師として招かれることもありますが、それはあくまで「特別ゲスト的」な扱いになりますので、やはりスクールなどでの講師を目指すにしろ、独立するにしろ、「認定講師」の資格取得を目指してみることは、損のない選択だということができます。
さて、ネイルスクールで指導ができる資格の中で最も有名なのはJNAが認定を行ってるJNA認定講師の資格です。
受験資格は「ネイリスト技能検定試験」の「1級」に合格していること、実務経験があること、JNAの個人会員であること、「ネイルサロン衛生管理士」や「ジェルネイル技能検定試験上級」の資格を取得していることなどがありますが、最も重要なのは「JNA認定校」を卒業しているかどうかという点です。
もしJNA認定校以外のネイルスクールを卒業した人の場合では、JAN認定校のネイル専門学科で「ネイルケア」「ネイルエクステンション」の実技時間を「合計20時間以上」有するカリキュラムを受験手続前までに修了していることが求められます。
もしJNA認定校を卒業していれば、認定講師資格を取得する際の大きなメリットになりますので、これからネイルスクールを選ぼうとしている人は、自分が目指している学校が認定を受けているのかどうかについて事前に確認をしておくことが必要です。
実務経験を積みながら、20時間以上の学習時間を作り出すのは非常に大変なことになります。
また、以上の条件を満たすと講師資格の受験が可能になりますが、受験する方の多くがこれまで長い間エステサロンに勤務したキャリアを持っている人が多いというのが実情です。
ネイルサロンを卒業したばかりだという人、ネイルサロンに勤務を始めたばかりだという人、またネイリスト検定に合格したてという段階の人で、いきなり「次は認定講師!」と考える人もいるかもしれませんが、実際に受験し、合格するためにはなかなかハードルが高いかもしれません。
しかし、講師でも開業でもなくネイルサロンに勤務し続けるという場合でも、講師の資格を持っている人は持っていない人にくらべると、月に数万円の給料の差が生まれることもあるため、「自分は講師ではなく、サロンのネイリストが向いている」「ゆくゆくは自分でサロンを経営したい」という人にも、資格取得はぜひともオススメしたいところです。
講師の資格を取得するということを考えたなら、自分が卒業した学校が認定を受けているか、勤務したいサロンには資格を持った人がどれぐらいいるのかなど、そういったポイントを確認するのもいいことかもしれませんね。